ご無沙汰しておりました(;*´ω`)ゞ

いや~、気がつけば季節はすでに師走。
永い間ブログを放置してしまいました(;*´ω`)ゞ

10月、茶々丸の四十九日を無事に終えました。
きっとあっちは暖かいんだろうな~。
新之助や桜子、沢山のお友達と遊んでるんだろうな~。

四十九日を終えたら新しい家族を迎えようかなと考えていました。
良い縁はないかな~ってネットを眺めたり
新之助がお世話になったハンドラーさんのアシスタントの子と
ワンコトークをしてみたり。
こういうのって本当に縁だと思うから、焦らずゆっくり待つつもりでした。

・・・そう、そのつもりだったんです。

しかし!!
新しい家族があっちからやって来てました!!
な、なんと私のお腹の中にぃぃぃΣ(´▽`ノ)ノ
いやぁ~、ビックリです(苦笑)。

周りは『きっと茶々丸が届けたんだろうね』って言いました。
アイツならやりそうな気がするΣ(ω |||)

しかし、妊娠発覚後は大変でした。
通っていた産婦人科はお産は扱っていないとのこと。
しかも私が大学病院に通っていることも知っているので
『大学病院で妊娠継続しても大丈夫か
お産は個人医院でもいいのか、それとも総合病院がいいのか
聞いてきて下さい』とのこと(;´・ω・`)
大学病院の主治医に話をすると
『今の病気自体はなにも問題はない。
だけどなにかあった時、個人医院ではわからないし対応できないから
出産は総合病院がいいです』とのこと。
膠原病は妊娠や出産を機に発症、悪化しやすかったりします。
私は膠原病ではないけど、限局性強皮症は似たような疾患なので
念のため、注意する必要あるみたいです。
『ここの産婦人科でもいいですよ』と優しい一言。
しかし、もし肝炎がぶり返していたら、絶対ここでとのこと(;´・ω・`)
とりあえず、久しぶりに血液検査で7本も血を提供してみる(TωT)
尿検査も行い、今のところなんにも問題ないことを証明。

そうこうしている間に、父が小腸がんと宣告される。
ステージ3と悪く、手術と入院が決まる。

新しく総合病院にかかるのもめんどくさいことと
父も大学病院で治療を行っているので
出産は大学病院でお願いすることにしました。
出産の時、もし父が入院していても孫に合わせてあげられるので(*´ω`)

現在15週目、来週は5ヶ月に入ります。
お腹は2ヶ月の頃からすでにポッコリ・・・。
こんなんでいいのかってぐらい太った気がします(TωT)
やっとつわりが落ち着いてきました。
体重管理なんて・・・いままでしたことない。
食べたい時に食べる生活をしていたので
これからどうしていいのかわからないρ(-ω-。)イジイジ
もう、着る服がなくなりました・゜・(PД`q。)・゜・
[PR]

by chacha616 | 2011-12-07 19:44 |