<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

退院できましたヽ(*゚∀゚*)ノ

熱中症で入院していた茶々丸ですが
今日、退院することができました・゜・(PД`q。)・゜・

まだ貧血状態で体力も回復してませんが
ウンチも大丈夫だったようで、退院OKとなりました。

自宅に戻り、お水をがぶ飲みしてゲボってましたΣ(ω |||)
一目散におもちゃを引っ張り出し、いつものごとくガブガブ。
退院最初の犠牲者はチョッパーです(笑)。
c0181599_2353869.jpg

c0181599_2355850.jpg

c0181599_236193.jpg


夜遅くなると、少しグッタリしてきて
体温も高そうなのでちょっと心配です。
今は保冷剤を枕にして寝てます(;´・ω・`)

少しずつ良くなっていけばいいかな(^-^)
[PR]

by chacha616 | 2011-08-30 23:08 |

茶々丸の熱中症

急だったので詳しくアップできませんでしたが
茶々丸への励ましのメールありがとうございました。

27日、仕事から帰ってくると茶々丸の姿が見えませんでした。
2階に上がると、寝室のドアが閉まっており
中に茶々丸がグッタリとした状態で部屋の隅で倒れてました。
寝室に入り閉じ込められることが何度かあり
今はずっとドアにタオルを咬ませて閉まらないようにしていたんですが
外してしまったのか、外れていたのか
ドアが閉まってしまったようです。
日中、2階はとても気温が上がります。
きっと午前中から閉じ込められていたんだと思います。
その日はとても暑い日でした。

嘔吐した形跡と、唇や舌までも乾いてしまっていて
ただゼーゼー息をしていました。
その時はまだ意識はあり、私が帰ってきたことに気付き
上半身を起こしましたが、動ける状態じゃありませんでした。
急いで抱きかかえて1階へ下ろし、濡れたバスタオルで包み
脇と股に保冷剤を挟み、水を口にやると少しだけ飲みました。
一刻も争う状況なので、そのまま近所の動物病院に連れて行きました。

動物病院では急患としてすぐに診察室に入れていただき
冷却処置を行いました。
その時の体温は40.8℃でした。
先生からは40.3℃を超えると助からないと言われました。
いつからこの体温なのか、冷却処置で下がるのかが問題でした。

幸い、冷却処置で39.6℃まで下がり
フラフラながらも立つ事だけはできた茶々丸。
あと1時間遅かったら助からなかったかもしれなかったと言われました。
きっと午後に降った夕立ちで少し気温が下がり
命拾いをしたのかもしれません。

しかし、帰ってきてからの茶々丸は立ち上がるどころか
水さえ飲まず、グッタリとしていました。
いつもよりクーラーを強め、体を冷やしましたが
回復する気配がありませんでした。
夜中の3時過ぎ、やっと自力で水を飲んだけど、嘔吐してしまいます。
朝には前日よりも元気がなく、目もうつろ
いつも無駄にパンティングしてるのに、呼吸も弱々しい状態でした。
首すら持ち上げる力もなく、寝たままオシッコをしてました。

午前中、その日は休院日だった病院ですが
状態が良くないことを連絡し連れて行きました。
入院が必要な状態だったけど、その日はここの病院のスタッフが
午後3時から10時まで全員いなくなるとのことで
違う病院で入院した方が安心だろうと判断。
茶々丸がお世話になっていた他の動物病院に連絡をし
小さい頃からかかっていた病院に連れて行くことにしました。

最近ちょっと気にかかるところがあるけど
何かあるたびお世話になってきた先生です。
少しおおざっぱだけど腕は良いと思っています。
先生はなぜ昨日の段階で入院しなかったのか
なぜ皮下点滴だけなのか疑問に思っておられました。
昨日の血液検査で調べていない数値を検査し
肝機能が悪くなっていることが判明。
昨日から血小板をかなり低い状態でした。

DIC、先生はそれが一番危ないと言いました。
脱水症状で血液中の水分も無くなり、血がドロドロになって
流れにくくなるそうです。
そして内臓などの血管にちゃんと血が行き届かなくなり
壊死してしまうそうです。
血便をすると最悪で、DICになると助からないとのこと。
先生は本当に熱中症だったのか疑ってましたが
とにかくDICに対しての処置をすることになりました。

夕方、様子を見に行くと
立ち上がり、目もしっかりと私を見てくれていました。
入院させて7時間ほどですが、朝とは全く違いホッとしました。
まだ嘔吐が止まらず、ウンチもしてないので血便なのかわからず
安心できない状況には変わりありません。
とにかく血の流れを良くするため点滴を続けてました。
その時すでに3本目だったそうです。
その日は口からお水もご飯もナシでした。

新之助の時もそうだったけど、入院させていると
病院からの電話にドキドキしてしまいます。
『電話よ、鳴らないで!!』とずっと思っていました。

29日の今日、仕事が終わり病院に向いました。
今日も午前中は嘔吐したようですが、お昼に少しだけだけど
口から水とご飯を食べ、その後は嘔吐しなかったようです。
ウンチはまだ出てなく、相変わらず血便かわからないそうですが
今の段階で出てないなら大丈夫かもしれないとのこと。
私からも少しだけご飯とお水を食べさせたけど
・・・すごい食欲だった(;´・ω・`)
まだ一気にあげれず、一口二口しかもらえないので
しきりに皿を舐めまくり、看護婦さんに目線でおねだり。
ってか、ご飯の準備してくれている時から
目は看護婦さんに釘付けΣヽ(゚∀゚;)オイ

明日、検査をして、血小板が上がって
嘔吐も血便もないようなら退院できそうです。

フラットのハイパーさに老犬の頑固さと
分離不安症を抱え、大問題山積みですが
今後こんな事故が起こらないように気を付けなければ・・・。

茶々丸、辛い思いさせてごめんね。

御心配してくださった方々、本当にありがとうございました。
[PR]

by chacha616 | 2011-08-29 20:40 |

その後・・・

9時の開院を狙い、朝から近所の動物病院にGO!!
前回の時もお世話になった動物病院です。

診察台に乗せられブラブラ状態の歯を見た先生。
『これは・・・前回よりもひどいですね・・・』
どうやらあごの骨じゃなく、犬の歯は歯茎の中に埋もれている部分が大きく
その歯が2本一緒に歯茎ごと、もげた状態になっている。
つながっている歯茎を切らなければならないのだが・・・
茶々丸は12歳という御老体のため、やはり麻酔を躊躇する先生。

そして、つながっている歯茎を糸で縛り
その先をハサミで切ることにした。
これだと縛ってるので出血だけは防げる。

看護師さん3人がかりで茶々丸をがっちり固定。
先生が慎重に歯茎に糸をかけ、きつく縛る。
その間、茶々丸は・・・ジッとしている(´・ω・`)
いよいよハサミで切除。
先生が看護師さんたちに『しっかり抑えてて』と指示。
だって・・・無麻酔だしね。
そしてチョッキン!!
茶々丸は一瞬ピクッと動いたが、暴れもせずお薬塗って処置終了(^_^;)
きっと本犬もこのブラブラをどうにかしてほしかったんだろう。

そして分離不安症がひどいので
今回はサプリではなく安定剤を出してもらうことにしました。
本当は薬など使わない方がいいんだけど
今の茶々丸には薬よりも留守番中の行動の方が危ない。
安定剤はボーっと眠たくなる状態にするそうです。
効く子は効くけど、効かない時はまた連絡してねって(;´・ω・`)
それと抗生剤。
しかし、茶々丸はイボ取り後の抗生剤で下痢をしちゃって大変。
そこで、違う系統の抗生剤をお願いした。

家に戻り、茶々丸にご飯をあげ
甲状腺の薬、抗生剤、安定剤を飲ませる。
私は仕事のため、今日はクレートに入れずフリーでお留守番。

イイ子でお昼寝しててよ~(TωT)

仕事が終わってソッコー帰宅。
薬が効いたのか、なにも荒らさず寝てたみたいヽ(*゚∀゚*)ノ
なにも起こってなくよかった・゜・(PД`q。)・゜・
[PR]

by chacha616 | 2011-08-24 20:16 |

茶々丸の暴走、再び(TωT)

盆休みも明け仕事が始まり、茶々丸もお留守番。
・・・だけど、おかしい。
またクレートのドアをこじ開けようとしてる形跡がある(;´・ω・`)

そして、再び流血。
今回はかなりひどい・・・。
とくに下の歯が歯だけではなくあごの骨ごともげてるよな・・・。
しかもまた歯茎とつながっていて、ブラブラしている。

明日、朝一で病院に行って取ってもらわなくては(TωT)

もうほとんど歯がない状態になってる・・・。
どうすればいいんだろう(´;ω;`)ウゥゥ
[PR]

by chacha616 | 2011-08-24 00:48 |

茶々丸のデキモノ

数年にわたり茶々丸の頭にのさばっているデキモノ。
一時期は小さくなったこともあったけど、今はかなり大きくなり
触ればすぐに血が吹き出てくる。
茶々丸も気になるのか、よくじゅうたんでゴリゴリして
毎日のように出血しては、そこらへんになすり付けている(;´・ω・`)
c0181599_1341114.jpg


小さい頃からお世話になっている動物病院の先生は
茶々丸の年齢を考えると全身麻酔をしてまで取るのは
麻酔の方が危険と判断し、その後何度か液体窒素で取ろうと試みたが
不発に終わり、そのまま放置となった。

最近、実家の猫軍団の1匹であるモモが
ある日死んでるように動かなくなり、違う動物病院に連れて行った。
その病院は大昔、茶々丸も1度ワクチン接種に行ったことがある。
c0181599_8233181.jpg

モモはやっと目の開いたぐらいの乳飲み子だった時に
兄弟で捨てられていた女の子←すでに今は11歳ぐらいだけど(笑)
残りの兄弟もみんな引き取られて、幸せに暮らしてると思う(*^。^*)
血液検査では、肝機能、腎機能、高血糖、貧血と
何が真の原因なのかわからない状態だった。
そのまま入院となったモモ。
先生は高血糖に目をつけ、『糖尿病』を疑いインスリン投与開始。
先週、無事に退院を果たしたモモだったが、毎日インスリン投与となっている。
しかも人間同様、注射器で・・・(^_^;)

話はズレたが、この病院にモモが退院後の経過検診のため行った時のこと。
茶々丸も健康診断の血液検査をしたかったので一緒に連れてきていた。
茶々丸の病院とモモの病院は近いので、先に茶々丸の病院に行き
その後、モモの病院では茶々丸は車内でお留守番。
モモの診察が終わると他の患者さんがおらず、ついでとデキモノに使える
止血剤かなんかないものか相談してみることにした。

茶々丸を連れてきて、先生に見せたところ
『私はこれは取ってしまった方がいいと思います』とのこと。
方法としてふたつ。
ひとつは全身麻酔をして根っこから切除してしまう方法。
そして、もうひとつは局所麻酔で表面に出ている部分を切除する方法。
ただ、局所麻酔の場合、大人しくできるかが問題である。
試しに先生がデキモノ付近をギュッとつまんで刺激を与えてみるが
・・・茶々丸は知らん顔(笑)。
『この子は大人しいので局部麻酔でいけそうです』とのこと。
根っこから切除するわけではないので、今後再発の可能性も否定はできないが
麻酔のリスクを考え、局部麻酔で表面の部分だけ切除する方法をお願いしました。
ちなみに、この先生はちゃんとした管理下で行えば
全身麻酔でも大丈夫とのこと。
しかし、この年齢、とくにフラットとという犬種で10歳以上という
ちょっと長生き部類なので、慎重にはなるだろうと・・・。
ここの先生と茶々丸がずっとお世話になっている先生は面識があるとのこと。
お互い持っていない設備があるので、貸し借りしてると言っていた。
今回、茶々丸がデキモノ切除に使う設備は、お世話になっている先生は
持っていないので、この局部麻酔の選択肢がなかったんだと思う。

そして今日、長年頭の上で君臨していたデキモノとおさらばすることに!!
全身麻酔ではないので、普段通りにご飯もお水もOK。
午前中に病院に行き、茶々丸を預ける。

今回、病理検査は行わないことにした。
数年前からあるデキモノなので、もし悪性ならすでに
他の症状や転移があってるだろうと思うから。
ここの先生も良性とは言い切れないが、今までの経緯や見た感じからは
良性っぽい気はするとのこと。
とりあえず、切除後もし気になる雰囲気があれば
検査に出して下さいとお願いしといた。

午後5時、茶々丸を迎えに行く。
剃られた頭にはデキモノがきれいに無くなっていた(^-^)
まぁ、現実(寿命)を考えれば2~3年
このままデキモノが再発しなければいいんじゃないのかな。
とってもイイ子だったと先生は褒めてくれた。
麻酔はしていても、熱さや痛さで暴れる子もいるらしいが
茶々丸は暴れることなくジッとしていたらしい。
本当にイイ子にしていたかは疑問だが・・・。
処置している時よりも、待ち時間に騒いでないか心配だったよ(^_^;)

茶々丸のハゲ隠し用のスヌードがいるかな・・・(´・ω・`)
[PR]

by chacha616 | 2011-08-18 22:41 |

プール

水遊びが大好き茶々丸のため
昔から使っていた、キングたらいのプール(数年前の写真)↓
c0181599_844384.jpg

でも今年、下半身にガタがきた茶々丸は
このたらいをまたぐのが難しくなかなかうまく入れなかった。

そこで、いっちょ新調しちゃおうヽ(*゚∀゚*)ノ
みんなが使っているコンクリート混ぜる緑の容器!!
あれなら浅いので、茶々丸も入りやすいだろう(*´ω`)

大型のタイプはどこそこ売ってないだろうと思い
地元で1番品揃えの多そうなハンズマンへGO!!

ところで、みんなは何号買ってるんでしょうか・・・?(´・ω・`)
在庫の関係で・・・お店で1番デカいサイズを購入。

そしたらこんな感じ↓
c0181599_8532215.jpg

c0181599_8543458.jpg

c0181599_855960.jpg

c0181599_8555170.jpg

ちょっと・・・デカすぎた(;´・ω・`)
[PR]

by chacha616 | 2011-08-17 08:57 |

お盆休みに入りましたヽ(*゚∀゚*)ノ

今日から休みだぁぁぁ!!o(≧∇≦)ノ

ここ1~2週間ぐらい前から、やっと体が良くなってきた感があり
なんといっても、朝起きれるようになりました(;*´ω`)ゞ
なんででしょうね、たいして治療もしてないのに(笑)。

先週、甲状腺外来に行ってきました。
そこの血液検査では、半年ぶりに肝臓の数値が正常値内に!!
検査機関によって正常値範囲や数値にバラつきが出るけど
・・・もう治ったってことでいいでしょd(ゝc_,・。)OK♪

しかし・・・なんだったんだ、自己免疫性肝炎騒動(;´・ω・`)
とりあえず、自己免疫性じゃないなら薬剤性の可能性が濃厚なので
甲状腺のお薬をもらうついでに、頭痛外来で出されていた薬の種類を聞きに
頭痛外来で行っていた薬局に行きました。
昨年10月からの薬の内容を頂き、今更ながらお薬手帳を作りました(^_^;)
副作用なんて自分には関係ないと思っていたけど
実際何かあった時は、このお薬手帳の必要性をつくづくと感じる。

そして・・・ Σ(゚Д゚ノ)ノ
疑惑の昨年12月から薬が変わってるーーー!!
頓服で飲んでいた片頭痛の薬と一緒に飲む鎮痛剤が
今出されている種類に変わっていた・・・。
コイツはもっと前に変わっていたと思っていたけど
・・・12月だったかΣ(ω |||)
片頭痛の薬は昨年の4月頃から毎月出てるので対象外。
もう1ヶ月ほど頭痛外来の薬は切らして飲んでないので
数値が元に戻ってきたと思う。

薬剤性肝炎の場合、アレルギーと同じようなものなので
その薬はもう服用出来ないことになります。
・・・ビミョーにマイナーな鎮痛剤なので
あっちこっちで処方されることもなさそうだが(笑)。

このまま9月の内科受診で数値が正常値内に納まれば
腹に穴が開かずに済む・゜・(PД`q。)・゜・
よかったぁ~、肝生検しぶっとって(笑)。

ということで
みなさん、お薬手帳作りましょ~(*´ω`)♪
[PR]

by chacha616 | 2011-08-11 10:54 |